赤ら顔ケアは食べ物や食事の栄養バランスを見直す事が重要

赤ら顔にコンプレックスがあり、スキンケアやメイクに力を入れているという方も多いでしょう。
ただ、ファンデーションやコンシーラーを使い、赤みカバーしたとしても洗顔してしまえば、元の状態へと戻ってしまいます。
また、スキンケアを丁寧に行ったり、高級な基礎化粧品でケアしても、なかなか赤ら顔が改善しないというケースもあるようです。
赤くなってしまう原因は様々です。
中にはいくら肌をケアしても、改善出来ない場合もあります。
栄養バランスの悪い食事を続けていると、赤ら顔になりやすいので注意が必要です。
忙しく料理を作る時間が取れない、作るのが面倒という方はコンビニのお弁当など、外食が多くなりがちです。
外食をする事は、もちろんダメではありません。
ただ、頻繁に続いてしまうと肌にダメージを与える事になるのです。
食べ物のバランスが悪いと、肌の新陳代謝「ターンオーバー」が低下します。
新しい肌細胞が作られにくくなるので、肌トラブルによる赤ら顔が治りません。
また、肌が乾燥したりバリア機能が低下するなど、食べ物1つで肌の状態を変えてしまいます。
赤ら顔に悩んでいて、栄養バランスの悪い食事をしてしまいがちという方は、1度見直してみましょう。
赤ら顔になってしまう原因の1つには、栄養バランスの悪い食事が挙げられます。
治りにくい肌トラブルと思われがちな赤ら顔ですが、日頃からバランスの悪い食事をしがちという方は、食べ物を見直すだけで症状を改善できるかもしれません。
肌は色々な栄養素から作られます。
肌細胞の原材料となる、タンパク質は必至の栄養素です。
炎症によって赤みを帯びているという場合は、抗酸化作用に優れたビタミンCを多く含む食品を意識して補いましょう。
ビタミンCの抗酸化作用には、炎症を抑える働きがあります。
ニキビや過剰なスキンケア、紫外線によるダメージで肌が炎症している場合に、ビタミンCは大きな効果を発揮します。
赤ピーマンやブロッコリー、もちろんレモンにもビタミンCは多く含まれます。
ビタミンCの他に抗酸化作用の高い栄養素としては、ビタミンEもおすすめです。
ビタミンEは血流の流れを良くする作用もあるので、血流が滞り顔が赤くなってしまうタイプの赤ら顔対策に有効です。
アーモンドやかぼちゃといった食べ物に、多く含まれているのが特徴です。
この他に血液の循環を良くするビタミンKも、おすすめの栄養素です。
ビタミンKは納豆やモロヘイヤ、パセリ、明日葉などに多く含まれています。
このような、赤ら顔改善に有効な食べ物を意識して補い、体の中からお肌をケアする事も出来ます。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>